ワンピース

ワンピース:ローはロッキーポート事件で何をしたのか!?コビーとの戦闘はあったのか?

ワンピースの謎のひとつ「ロッキーポート事件」ですが、世界が知る事件のようなのに情報が「ローが首謀者」「コビーが英雄」という以外の情報が出てきていません。

情報がない所から考察するのが「ワンピースファン」というものですから、SNSなどでは「ロッキーポート事件とは何か?」とたくさんの方が考察されています。

今回はたくさんの考察がされているこの「ロッキーポート事件」について、一体何があったのかをすでにある考察を元にしてまとめてみようと思います。

ワンピース:ローはロッキーポート事件で何をしたのか!?「ロッキーポート事件」とは?

ロッキーポート事件の「ロッキーポート」とは、読んだまま「ロッキー港」という地名のことだと思います。

それがそのまま港なのか、町の名前なのかまではわかりませんが、そこはストレートに考えていいのではないかと思います。

では、「ロッキーポート事件」についてまとめていきます!

ロッキーポート事件が起きた時期

ロッキーポート事件が起きたのは、マリンフォードでの頂上戦争が終わり麦わらの一味がバーソロミュー・くまに敗北し各町に飛ばされ修行していた2年間のいつかです。

同時期に起きている大きな戦いは、「落とし前戦争」と呼ばれる黒ひげvs元白ひげ海賊団の戦いです。

この「落とし前戦争」が「ロッキーポート事件」と関係しているのなら、ローが首謀者になることはありませんので、こちらは別物の事件でいいと思われます。

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:白ひげ海賊団の隊長を一挙解説!あなたは誰が好き?

ワンピース:元白ひげ海賊団隊長・イゾウの正体は?出身地はワノ国?

ワンピース:「不死鳥マルコ」その強さを徹底考察!!

ワンピース:黒ひげ海賊団のメンバーを紹介!10番船船長は誰!?

ワンピース:マーシャル・D・ティーチ「黒ひげ」の心に刺さる名言5選

ロッキーポート事件の首謀者はトラファルガー・ロー

ワンピース単行本70巻700話から「ドレスローザ編」がはじまりましたが、その700話でブランニュー准将がローのことを「“最悪の世代”ロッキーポート事件の首謀者 “死の外科医”トラファルガー・ロー」と言っています。

「首謀者」というからには、「悪事を企てた人物」ということになります。

海軍から見ての「悪事」ということですが、ワンピースの世界の世間一般的にも「悪事」と捉えられていることでしょう。

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:オペオペの実で不老手術を受けた人物がいた!?ローが今後不老手術をする相手とは?

ロッキーポート事件で市民を守った英雄はコビー

ワンピース単行本90巻903話では、世界会議(レヴェリー)に向かうドレスローザとプロデンス王国の護衛をしていたコビーです。

海賊に狙われた一行をコビーが「海軍本部大佐」として登場し、さくさくっと海賊を倒してしまうんですよね。(コビーについてはこちらを→ワンピース:コビーは海軍大将になりルフィの前に立ちはだかるのか!?超速出世の理由とは? )

そこでドレスローザの護衛で来ていたキュロスが「君!有名なコビー大佐か!あのロッキーポート事件で市民を守った英雄!」と言うのです。

コビーは世界的にとても有名な大佐で英雄なんですね。

同時にこの「ロッキーポート事件」がどれほど大きな事件なのかもわかります。

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:スモーカーとルフィ再共闘の可能性を大考察!モクモクの実の覚醒もある?

ロッキーポート事件の共謀者は誰?

ローが「ロッキーポート事件の首謀者」ということは、ロー単独で起こした事件ではなく「共謀者」がいたことがわかります。

誰なのかは明確にされていませんが、麦わらの一味が修行していた2年の間でも最悪の世代が全員世界を揺るがす事件を起こしていたそうなので、共謀者の中には「キッド」「ドレーク」「ホーキンス」がいたのではないでしょうか?

シャボンディ諸島のシャッキーはかつて「新聞を賑わせていたのはこの面子」と、キッド・ドレーク・ホーキンス・ルフィの名前をあげています。

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:「最悪の世代」と「四皇」との関係は!?

ワンピース:噂のルーキー!最悪の世代のメンバーには誰がいる??

ワンピース:キッドの左腕を奪ったのはシャンクス!?キッドの腕はシャンクスに移植された?

ワンピース:キッドの能力が覚醒していたことが判明!ジキジキの実の能力の覚醒とは!?

ロッキーポート事件でローとコビーは戦ったのか?

素直に読むと「ロッキーポート事件」で「ローvsコビー」の戦闘があったと思われます。

ですがどんなに強くなれど、コビーがローに勝つということに不自然さが残ります。

ローは「人殺し趣味」ではありませんし、「どうせなら殺したくない」と考えている海賊なので、無暗に市民を殺すことはないと思います。

ただ共謀者がいると考えると、それぞれの海賊たちが何をするかがわからない乱戦が起きていたと考えられます。

そしてコビーも海賊といえど無暗に殺そうとする海軍ではありませんから、海賊を倒すよりも「市民を守ること」を優先したと思われます。

キュロスが「市民を守った」と言っていますが、もしも海賊をバッタバッタとなぎ倒したのでしたら「海賊たち(なんなら有名な海賊の名前)を倒したコビー大佐か!」となるはずです。

ローを倒したとなったらそれはもう「市民を守った」ではなく、「ローを倒した」と言うでしょう。

なので直接対決はなかったのではないか?と思います。

ワンピースローはロッキーポート事件で何をしたのか!?:「海賊の心臓を100個本部に届けた狂気」はこの事件のこと?

「海賊の心臓を100個」本部に届けた狂気の男トラファルガー・ロー

ワンピース単行本67巻659話では、海軍G-5の人たちがスモーカーに対し「コイツは“七武海”になる為に海賊の心臓を100個本部に届けた狂気の男だ!」とローのことを言っています。

私たちファンにとっても衝撃的な言葉でした。

海賊達100人の心臓を奪い海軍に届け、その功績を認められたことで王下七武海入りを果たしたということですが、そこまでして七武海に入りたかった理由ってあるでしょうか?

・・・・あるのです!ローには七武海入りすることで果たせる、自分の思いというものがありますよね。

コラソンの思いをローも引き継いでいるのですから!

(コラソンについてはこちらを→ワンピース:「北の海(ノースブルー)の闇」とは何か?コラソンは何を知ったのか? )

しかし、ローの“オペオペの実”の能力はきれいに心臓を抜き取るとはいえ、100個の心臓を届けたってもうね・・・怖いです・・・

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:コラソンは本当は生きている?!衝撃の事実が判明!

ワンピース:スモーカーとルフィ再共闘の可能性を大考察!モクモクの実の覚醒もある?

ワンピース:「王下七武海」の撤廃の理由とは?ベガパンクが関わっていた?

ワンピース:ベガパンクは新兵器を開発した!?「王下七武海は要らねェ」完成品とは?

ローは殺戮の趣味はない

ローはパンクハザードで「俺は殺戮の趣味はねェ」と自分で言っています。

ローの両親は医者で、自分の命を賭けて町の人たちを救っていました。

ローもそんな両親を尊敬し、自らも本当なら「その道」を進みたいと思っていた描写がありました。

現実はそうはならず、世界政府の陰謀により町も家族も失い1人ぼっちでドフラミンゴの部下に「なるしか」ありませんでした。

そこで出会ったコラソンはローにとって「命の恩人」であると共に、心も救われた恩人です。

コラソンはドフラミンゴの実の弟ですが、元天竜人でありながらも兄とは違う道を歩き死んでしまいました。

コラソンが最終的に目指していたものが何かはわかりませんでしたが、センゴクの部下となり海軍の闇を暴こうとしていたことは間違いありません。

ローは七武海に入ることで海軍や世界政府の闇を掴み、ローの思う何かを成そうとしていることでしょう。

といっても、ローは単なるいい人というわけでもありませんけどね!

「海賊が良いことしやがって」なんという名言を残しています(笑)

https://twitter.com/sove_0715/status/1046791845110370305

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:船医、町医者など・・・「医者キャラ」をドン!と一気に紹介!

ワンピース:世界政府全軍総帥コングの強さとは?

ワンピース:五老星は天竜人だった!?気になる噂を徹底解説!

心臓100個事件はロッキーポート事件のことなのか?

素直に考えると、ロッキーポート事件で海賊の心臓100個奪ったということになります。

ただ疑問が残ってしまうのが、ロッキーポート事件では「首謀者」と海軍に言われているのですから「悪い奴」扱いされているのです。

もちろん海賊ですから海軍にとっては「悪い奴」で合っているのですが、コビーが英雄になるほどの活躍をして「市民を守らなければいけないほど」の事件であったことを考えると、その結末が首謀者であるロー自身が海賊の心臓を100個持っていって「おれを七武海にして」と言って承知されるものでしょうか?

もしロッキーポート事件と心臓100個事件が同じものだとし、ローが海軍の「弱み」も握っているというなら話はわかります。

「弱みも握ってるけど海賊の心臓100個あげるから“win-win”の関係を求めた」ということですね。

そして100個の心臓を海軍がどうしたのか気になりますね。

↓関連記事もご覧ください↓

ワンピース:歴代の海軍大将を総まとめ!一番強いのは一体誰!?

ワンピース:意外に謎の多い元海軍大将・青きじ、その正体とは・・・?

ワンピース:世界徴兵とは?海軍が世界徴兵を行なった真相が判明?!

ワンピースローはロッキーポート事件で何をしたのか!?:元ネタは「ロッキード事件」?

「ロッキーポート」と聞いて真っ先に「ロッキード事件」を思い出した方も多いのではないでしょうか?

私も同じように「ロッキード事件がネタの元」になっていると思っていました。

ロッキード事件とは、「飛行機受注に関係した汚職事件」で当時の政治家が多く関わっていました。

ワンピース世界だと「船」に置き換えられるでしょうが、腐った天竜人・一部の世界政府・一部の海軍などに置き換えられての事件なんじゃないかな?と思います。

コラソンが探っていたことも合わせて考えると、「汚職事件」というのはピッタリくるような気がしますね。

ワンピース:ローはロッキーポート事件で何をしたのか!?コビーとの戦闘はあったのか?まとめ

「ロッキーポート」という「町か港」で、海賊達が大暴れするきっかけを与えたのがロー(首謀者)であり、コビーはその時海軍として「暴れる海賊から市民を救うために大活躍」をすることで英雄と呼ばれるようになった。

コビーは「海賊を捕らえる」よりも「市民の命を守ること」を優先する人物なので、ローと対峙することなく市民救出に尽力していた。

と、いうことがハッキリしていそうです。

ここに100個の心臓事件や、共謀者がどう動いていたのか?それは誰なのか?と、様々に枝分かれして考察が進んでいます。

私の全くの個人的な考えは、「コビーとローが手を組んでいた」というものです。

なんといってもコビーはガープの部下ですので!

(ガープについてはこちらを→ワンピース:モンキー・D・ガープなぜ”海軍の英雄”と呼ばれるのか )

出てきた情報を未回収のまま終わらせる尾田先生ではありませんから、今後必ず「ロッキーポート事件」について描かれると思いますので、その時を楽しみに待ちたいです!

↓こちらの記事もご参照ください↓

ワンピース:最新1037話ネタバレ確定!カイドウ酔い過ぎ!伝説の悪魔の実!?

ワンピース:ネタバレ1038話予想考察!消すべき人はルフィ!?

ワンピース:空白の100年に存在した巨大な王国とは!?徹底解説!

ワンピース:ルフィは万物の声を聞いているのか!?見聞色の覇気とは違う?

ワンピース:ルフィとロジャーの共通点が多すぎる謎に迫る!生まれ変わり説も!?

アニメ鬼滅の刃はU-NEXTに登録すれば31日間無料で何度でも見放題!

現在U-NEXTでは、アニメ鬼滅の刃が全話見放題になっています!*

無料トライアルキャンペーン期間である31日間で解約をすれば追加料金は一切かかりません^^

この無料トライアルキャンペーンはいつまで続くかわかりませんので、今すぐ無料で試しに登録をし、楽しみましょう!

しかも登録をするだけでポイントが600円分もらえて、そのポイントで漫画も1冊無料で読めてしまいます!

今すぐ鬼滅の刃のアニメも鬼滅の刃の漫画1冊も無料でお得に楽しんでしまいましょう^^