鬼滅の刃の十二鬼月メンバー!無惨のパワハラが上弦と下弦で雲泥の差

この記事では、鬼滅の刃の十二鬼月に関してメンバーをまとめていきます。

十二鬼月は上弦と下弦にわかれますが、下弦は無惨のパワハラによりほぼ壊滅状態。。

 

鬼滅の刃には十二鬼月という存在がいます。

十二鬼月とは、鬼のオリジンである無惨直属の鬼たち。

それゆえ、主人公である炭治郎が所属する鬼殺隊の最大の敵と言えます。

十二鬼月にはいったいどんなメンバーが揃っているのでしょうか?

十二鬼月は”上弦”と”下弦”に分かれているのですが、上弦と下弦では無惨のパワハラ度合いも異なります。

そこで今回の記事では、十二鬼月とは何か、十二鬼月のメンバー一覧について概要をまとめていきます。

 

鬼滅の刃の十二鬼月とは?上弦や下弦とは?

十二鬼月とは、鬼の頂点に立つ無惨の直属であり、無惨に選ばれた最強の鬼達のこと

鬼は人を喰らうことで強くなりますが、十二鬼月は数百人単位の人を喰らうことができ、柱以外の通常の鬼殺隊士では、全く相手にならないほどの強さ。

十二鬼月は上弦の壱(いち)から陸(ろく)、そして下弦の壱(いち)から陸(ろく)の合計12名で構成されており、上弦の壱の鬼が最も強く下弦の陸の鬼が最も弱いです

上弦と下弦では実力に天地ほどの差があり、下弦の鬼は柱1人に一瞬で倒されるレベルです。

しかし、上弦で一番弱いとされる上弦の陸の堕姫・妓夫太郎で、柱が22人も倒されるほど、上弦の鬼は圧倒的な強さを持っています。

十二鬼月に選ばれることは鬼たちにとって名誉あることですが、無惨からその地位を容赦なく奪われることもあるようです。

無惨にとっても十二鬼月に対しては人一倍(鬼一倍!?)期待しているようで、それ故にしくじったときのパワハラは異常です。

下弦の伍である累が炭治郎たちに倒された際に、下弦の鬼たちは無惨に召集されて解体。

下弦の壱である魘夢(えんむ)を除いて、全て無惨が殺してしまいました。

無惨の言葉に対して肯定しても否定しても殺されていく姿から、無惨はパワハラ上司であるということが定着しました。

また、十二鬼月の中では「入れ替わりの血戦」と呼ばれる、一対一の勝負を申し込み、挑んで勝つことができれば席位を上げることができるようです。

 

十二鬼月のメンバー一覧:上弦

十二鬼月上弦は、無惨からたくさんの血を分け与えられ、140年もの間変わらない顔ぶれの鬼たち。

そのため、最強にして頂点と呼べる鬼の集団と言えるでしょう。

無惨に「代替のきかない希少な手駒」と言われるほど非常に高い評価を受ける存在であり、多少機嫌を損ねた程度ではパワハラで殺されることもありません。

そんな鬼たちの最強にして頂点のような集団は、いったいどんなメンバーがいるのでしょうか?

 

上弦の壱:黒死牟(こくしぼう)

上弦の壱は、黒死牟(こくしぼう)という鬼です。

6つの目を持っているのが特徴で黒髪の長髪を後ろで一括りにした、侍のような戦士姿の鬼。

額と頬には始まりの剣士と思われる、痣がくっきりと浮かんでいます。

上弦の参である猗窩座が上弦の弐である童磨に対して横柄な態度を示した際に、腹を立て腕を切り落としていることから分かるように、ルールや序列を重んじる性格

無惨への忠誠としての組織論を説いたりと、無惨にもビジネスパートナーとして見られ信頼されています。

 

人間だった頃の名前は「継国巌勝」。

元々は、月の呼吸を使って戦う鬼殺隊の隊士でした。

さらに、過去無惨が惨敗したことがある日の呼吸の剣士「継国縁壱」は双子の弟であり、縁壱の剣士としての才能に嫉妬していました。

>>鬼滅の刃187話で無惨が縁壱に負ける!

双子の弟である縁壱の才能に嫉妬し、縁壱を超えるために、家族もそして人間であることさえも捨てて鬼になったのです。

鬼としては弱点が少なく、圧倒的な強さを持つ最強の鬼です。

 

上弦の弐:童磨(どうま)

上弦の弐は、童磨。

何事にも楽観的な考えの持ち主で、常に笑顔で優しい青年の姿をした鬼。

しかし対戦した胡蝶しのぶからは、楽しいふりや悲しいふりをして取り繕っていることを指摘され、自身は他人の喜怒哀楽や感情を理解することができません。

人間だった頃から両親の立ち上げたカルト教である「万世極楽教」の教祖も務めています。

ですが教祖として言葉は全てが戯言で、万世極楽教を信じて極楽や神様の存在を信じている大人たちを蔑み、「すべての苦痛を開放する」という目的のため人を殺しているのです。

不老不死の永い時間をただ戯れて過ごしながらも、陸から弐へ一気に駆け上がった実力の持ち主。

上弦の参である猗窩座に対して「俺には勝てまいよ」と哂うほど。

繰り出す血鬼術で霧状の氷を繰り出し、それを吸いこむと肺が凍ってしまいます。

そのため、呼吸を用いて戦う鬼殺隊にとってはとても手ごわい相手と言えます。

>>胡蝶しのぶの最期はどのようなものだったのか!?

 

上弦の参:猗窩座(あかざ)

上弦の参は猗窩座(あかざ)。

入れ墨が全身に入った、筋肉質の若い男の姿をした鬼です。

猗窩座は独特な技というよりも、格闘技のような戦いをします。

猗窩座は根っからの格闘術で、強い者と戦うことを生きがいにしており、弱者を嫌っています。

そして鬼のなかでもかなり体の再生能力が早い上に、致命傷を与えるのが難しく、柱である煉獄の技を持ってしてもなかなか相手を追い詰める事が難しかったほど。

猗窩座は煉獄の左目を潰し、肋骨を粉砕させるなどの怪我を負わせ、最終的には致命傷を与えました

戦闘スタイルは策を弄さず素手による攻撃のみで、実力を認めた隊士には鬼となる事での、不老不死の身体による無限の修練へと勧誘します。

しかし、そのような言動は己の力を相手に誇示するための見せかけで、窮地に追い込まれれば躊躇なく逃亡を選びます。

人であった頃に大切な父や恋人を守ることができなかったことから、「強さこそ全て」という考えを持つようになり、猗窩座を修羅に変えてしまったのです。

 

上弦の肆:鳴女(なきめ)

現在の上弦の肆は鳴女(なきめ)です。

かつては半天狗という、「不吉」「恐ろしい」などネガティブな発言が多い、一見すると弱そうで、老体の姿をした鬼が上弦の肆でした。

 

しかし半天狗の死後、鳴女(なきめ)という女の鬼が上弦の肆になっています。

長い黒髪で顔の上半分を隠しており、その髪の下には不気味で大きな1つ目があります。

常に琵琶を鳴らしていて、十二鬼月からは「琵琶女」などと呼ばれています。

その血鬼術は無惨にとってかなり便利な技で、空間を自由自在に移動・操作することができます。

任意の相手を召喚することができたり、逆に鬼を目的地へと送り込む事が可能。

しかし戦闘能力としてはほぼ皆無。

そのため、その血鬼術だけで上弦の肆になったようです。

 

上弦の伍:玉壺(ぎょっこ)

その名の通り壺の中に入った鬼。

その姿から、鬼というよりも妖怪のような姿をしています。

人間であった頃から「芸術家」であったらしく、「美」への執着心を見せる一面も。

殺した人間を壺に生けておぞましい作品を作り他人に見せることが楽しいようです。

「情報収集能力」や「探知探索能力」に長けており、鬼殺隊の刀鍛冶の里の場所を見つけます。

壺を伝って瞬間移動したり、手から毒針を出して攻撃します。

本体は金剛石より固いうろこで覆われた半魚人で、触れたものを魚に変える強力な血鬼術を放ちます。

 

上弦の陸:妓夫太郎(ぎゅうたろう)・堕姫(だき)

上弦の陸は、鬼としては異例のコンビです。

吉原を根城にしている、美しい姿をした妹と、醜い姿の兄の2人兄弟の鬼。

妹の堕姫は普段、遊郭で花魁として活動しており、美しい人間の女性を好んで喰らいます。

普段は堕姫の帯内で眠っている兄の妓夫太郎。

しかしこちらが、上弦の陸の「本質」

堕姫は過去に柱を7人葬っています。

しかし兄の妓夫太郎は、過去に柱を15人も殺している高い戦闘能力の持ち主。

醜い容姿をしている妓夫太郎は売春街で生まれ育ち、幼少期から酷いいじめを受け続けたことにより、社会全体に対する憎悪をつのらせていました。

見た目と同様に心も曲がってしまった鬼です。

 

十二鬼月のメンバー一覧:下弦

上弦の鬼は100年以上メンバーの変更がありませんでしたが、下弦の鬼は鬼殺隊に敗北したり、無惨によるパワハラで簡単にメンバーが変わります

上弦の鬼は、両目に上弦の証であることが刻まれますが、加減の鬼は片目だけしか刻まれていません。

 

下弦の壱:魘夢(えんむ)

下弦の壱は、血鬼術で相手を眠らせて夢を見させながら戦う鬼である魘夢。

良い夢を見せてから悪夢を見せることによって絶望の顔を見ることが好き。

無惨のパワハラによって他の下弦の鬼が目の前で処分をされていく光景ですら楽しんでしまうほどの楽観的な思考の持ち主。

下弦の鬼としては唯一無惨に殺されずに済みました。

無限列車編では、危うく炭治郎たちが殺されそうになりますが、炭治郎たちの強靭な精神力によって魘夢を殺すことに成功しました。

 

下弦の弐:轆轤(ろくろ)

下弦の弐は轆轤。

特に鬼滅の刃の本編では、その戦い方や強さなどを発揮することはありませんでした。

無惨が下弦の鬼を全て集めた時、他の鬼たちが処分されるのを見て、柱に挑むために血を分け与えてくれるよう無惨に主張。

しかしその主張が無惨には「指図」と受け取られて殺されてしまいました。

 

下弦の参:病葉(わくらば)

下弦の参は病葉という鬼。

こちらも下弦の弐と同様に、その戦い方や強さなどを発揮することはありませんでした。

他の下弦の鬼が目の前で処分されるのを見て逃れられようと逃げ出すが、逃げきれずに処分されています。

無惨を前にして逃げ出そうとしたということは、もしかしたらその速さに自信があったからかもしれません。

下弦の肆:零余子(むかご)

下弦の肆は零余子。

意外と可愛らしい姿をしている鬼です。

柱を前にした場合は逃げようと思っていることを無惨に問われ、否定するも、その否定が無惨の逆鱗に触れ処分されてしまっています。

 

下弦の伍:累(るい)

下弦の伍は累という、那田蜘蛛山で疑似家族と暮らす、白髪の小柄な少年の姿をした鬼です。

「家族の絆」にとても強い憧れを持ち、自らより弱い鬼に「父」「母」「姉」の役を与えて支配して4人で戦う鬼。

血鬼術で高度を高めた蜘蛛の糸作り出し攻撃するスタイルで、柱ではない隊士ではこの糸を刀で切ることが出来ず、切り刻まれて殺されてしまう。

鬼殺隊になったばかりの炭治郎も、危うく累に殺されそうになりました。

しかし義勇によって助けられ、累は義勇に斬られて死にました。

 

下弦の陸:釜鵺(かまぬえ)

下弦の陸は釜鵺という鬼。

釜鵺も、強さや能力が明かされぬまま無惨の手によって殺されてしまします。

累が柱に殺されたことに腹を立てた無惨が下弦の鬼を集めて叱責した際、「そんなこと俺たちに言われても」と思ってしまい鬼の心が読める無惨の逆鱗に触れ処分されてしまう。

 

まとめ

いかがでしたか?

上弦の鬼たちがいかに強いこと、そして十二鬼月も色んなルールや秩序があることが分かりますね。

それに加えて、下弦の鬼に対する無惨のパワハラはかわいそうと思ってしまうほど。。

無惨の手で下弦の鬼は解体され、残るは上弦の鬼のみ。

炭治郎たちは、上弦の鬼に対してどのように戦っていくのでしょうか!

>>鬼滅の刃の柱ランキング

アニメ鬼滅の刃はU-NEXTに登録すれば31日間無料で何度でも見放題!

現在U-NEXTでは、アニメ鬼滅の刃が全話見放題になっています!*

無料トライアルキャンペーン期間である31日間で解約をすれば追加料金は一切かかりません^^

この無料トライアルキャンペーンはいつまで続くかわかりませんので、今すぐ無料で試しに登録をし、楽しみましょう!

しかも登録をするだけでポイントが600円分もらえて、そのポイントで漫画も1冊無料で読めてしまいます!

今すぐ鬼滅の刃のアニメも鬼滅の刃の漫画1冊も無料でお得に楽しんでしまいましょう^^