ワンピースやキングダムなどのトリビアー漫画情報.info

ワンピース:本当はヒグマは強いと考察されている理由を徹底解説!!

陰で密かに考察されている人物、ヒグマ。

覚えてますか??

ワンピース連載当初に登場したイヤ~な山賊ですね。

今や”強い”と最強説がささやかれる程の山賊に成り上りました(笑)

何故ヒグマは強いと考察されているのかをまとめてみました!!

 

目次

ワンピース:ヒグマの基本情報

ヒグマはルフィの故郷「東の海」フーシャ村を拠点とするヒグマ山賊団「棟梁」です。

髪を後ろで結び、頬に十字傷がある容姿が特徴です。

気に食わないことがあればすぐに暴れる粗暴な性格であり、自分に逆らう者は子供であろうと平然と殺そうとする残忍な人物です。

自分の危険性を見せつけるためか、常に自らの手配書を持ち歩いており名刺代わりに使ってます(ちょっとダサいですね…笑)

その一方で脅しつけるだけで不要な争いは避けたり、酒などの食料は客としてきちんと金を払って買おうとする姿勢は持ち合わせているようです。

小さい村で同じようなことを繰り返していて、店が潰れ酒が手に入らなくなったら本末転倒ですからでしょうか?

海賊を嘲笑っているが、これまで一度も海賊を見たことがないと言う、まさに『井の中の蛙大海を知らず』。

山賊団の頭なだけあり多数の部下を従えており、作中では最低でも10人以上確認されています。

山賊団で棟梁をしているヒグマですが、”悪魔の実”の能力者ではありません。

戦闘シーンが少ない為に詳細は不明ながら、腰に差した刀でマキノの店のカウンターを斬り伏せていました。 (マキノさんに手を出すやつは許さん!)

また、逃走する際は煙球を使用し煙幕が上がっている間に一瞬で姿を消すというのも見せています。

 

ワンピース:何故ヒグマは強いと言われているのか?

ここまでの基本情報だけですと、あまり強い印象は持てません。

連載当初に登場した時も、最初の敵であり、テンプレ通りにやられていましたし…。

では何故、ヒグマは強いと囁かれているんでしょうか?

個人的な結論から言うと、連載開始したばかりだったので後付け設定で辻褄が合わず、そこに無理矢理現在の設定をヒグマを突き合わせているだけだと考えています!

若干(?)個人的な感情も含まれておりますが、主に否定的な意見を述べていくと思います!!!

 

ヒグマは強い?:「シャンクスのような奴を56人殺した」?

当時10億ベリーの賞金首だったシャンクスにビビらず、余裕で喧嘩を売っていたヒグマ。

半端な覚悟ではシャンクスの前で意識を保つことはできないと思われますが、当時からシャンクスは無駄な争いを避けていたため、覇気は無かったように感じます。

また、ヒグマは「56人殺したのさ てめェのように生意気な奴をな」と言っており、56人も殺しているのはあまり人が死なないワンピースでは断トツで多いですね。

でもそれって本当なんでしょうか?

シャンクス並の強さの奴を56人殺したのではなく、シャンクスみたいなヒグマにビビらないヒグマが生意気だと思うやつを56人殺したのではないでしょうか。

”元は六十皇だったのが、ヒグマが五十六皇を殺し現在の四皇にした”という説もありましたが、そんなわけなくね?????というのが私の感想でした(笑)

シャンクス並みの強い人物が60人もいたら、パワーバランス取れていませんしワンピースの話が成立しません。

そもそも人を殺した数を数えており、それをひけらかす時点で大分器の小さい人物というのが見て取れますね!

 

ヒグマは強い?:覇気の使い手だった?

ヒグマが覇気の使い手だと言われている理由は、上記の画像からゴム人間になったばかりのルフィの前歯をただの打撃で折っているからです。

さらに、最強の覇気使いシャンクス、作中で最もIQの高いベックマン、別次元と見聞色で交信できるヤソップがいながら煙玉だけでルフィを連れて海まで逃亡しています。

このことから覇気使いは確定とされています。

悪魔の実の能力者の前歯を折っているから覇気使いは確かにそうかもしれません…が、これこそ設定の後付けが理由なのではないでしょうか?

さらに、歯が折れていた方が殴られた感が出る!!(笑)

また、シャンクス、ベックマン、ヤソップなどの手練れから逃げたのは、正直言うと飲酒していたことと、彼らがヒグマを相当なめていて油断していたのはではないでしょうか…(笑)

それとも海賊界隈では煙玉を使わない可能性もありますよね。

 

ヒグマは強い?:懸賞金800万ベリー

ヒグマの懸賞金は800万ベリーに対し、東の海の海賊の懸賞金平均額は300万ベリーです。

海に出ることなく陸の上のみで、そこらの海賊の倍以上の賞金がかかっていることを考えると本当は凄い人なのかもしれません…。

参考程度に、同じ山賊でルフィとエースの育ての親ダダンは780万ベリーで、実はヒグマよりも若干低いです。

もっとも、手配書のデザインが海軍と違う為、あくまでゴア王国領内での危険度が800万相当だった可能性も充分考えられます。

陸で生活している国民や村民からすると、海賊と山賊、どちらが脅威なんでしょうか?

ワンピースは海賊漫画ですので、海賊の懸賞金額を基準に考えるのが自然ですが、山賊の懸賞金の基準額に関しては曖昧ですね。

しかしながら、遠くから海賊船が見えて「海賊が来た!」と騒ぐより、同じ陸に住んでいる山賊の奇襲の可能性が脅威的に感じます。

 

ヒグマは強い?:本当は生きている?

ヒグマの最期は上記の画像からわかる通り、海王類に食べられてしまいました

これが最後の登場となりましたが、実は生きているのではないかと言われています。

確かに食べられた後に、血や食べ残しなどの描写はありませんでしたが、船ごと丸飲みされたいなら食べ残しは残らないでしょう。

さらに、”シャンクスが腕を犠牲にするほど強大な海王類に食べられてもビブルカード(公式キャラクターブック)に享年が書かれていない”事からも、本当は生きているのではないかと考察されています。

誤表記の可能性も捨てきれませんが、ビブルカードは非常に誤表記が多く、内容に誤りがあった際には公式サイトで細かく修正点が記載されているものの、今現在ヒグマの年齢欄に享年がついていないのはそのままとなっているそうです。

初登場で海王類に食べられてから、現在まで一切名前すら挙がっていないからこそ、強敵になって再登場するのではないかと考察されているようですね。

確かにビブルカードに関しては少々気になりますが…、私はやはり再登場はない派です!

勿論可能性は0ではないと思いますが。

 

ワンピース:本当はヒグマは強いと考察されている理由を徹底解説!!まとめ

ヒグマは本当は強い説…見直してみてもやはり否定派です!!!

連載当初から尾田先生の頭の中ではワンピースの物語の構想が出来上がっていたとしても、細かな個所の矛盾点は仕方ないのではないでしょうか。

しかしながら、物語冒頭に登場しあっという間に食べられたにも関わらず、現在までコアな人気を誇るヒグマは凄い…!

これだけヒグマの考察が飛び交っているにも関わらず、SBSで質問が掲載されていないのも気になるところ。

これで本当に本編に登場したら、激アツ展開も期待できるかもしれません!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

mugiのアバター mugi 漫画情報編集

漫画大好き。趣味と、実用を兼ねた、漫画ライター

コメント

コメントする

目次