ワンピース

ワンピース:古代兵器ウラヌスはナミ!?衝撃的な考察を徹底紹介!!

ワンピースでの「ナミ」といえば、気候を予知しその場の気候を操る力のある、美人天才航海士です。(なぜかこう紹介しないといけない気が・・・笑)
それらの能力は、悪魔の実を食べたものではなく、ナミ自身の持つ力だというのですから驚きです。

ナミは両親がわからず、戦争孤児としてベルメールに育てられています。
ベルメールに引き取られてからは、同じく戦争孤児のノジコと共に暮らし、その後の話はワンピースの中で詳細に書かれています。
ですが、出生の情報は全くありません。

そのナミですが、「古代兵器ウラヌスではないか?」という考察が、ネット上で浮上しています。

「えー! ナミがー? なんでいきなりー?」

と、正直思いました。

今回は、古代兵器ウラヌスがナミであるという考察について、まとめてみます!

>>鬼滅の刃のアニメも見放題!600円分のポイントで漫画も1冊読める^^

U-NEXT

↑登録後31日間は無料トライアルなのでお得♪

ワンピース:3つの古代兵器の名前は神話の神


ワンピースの中に出てくる古代兵器「ポセイドン」「プルトン」「ウラヌス」は、元々神話に基づく神の名前です。
それぞれ見ていきますね。

「ポセイドン」ギリシャ神話の海と地震を司る神
「プルトン」ギリシャ神話のハーデスの別名で冥府を司る神
「ウラヌス」はギリシャ神話の天空の神

となっています。

「ポセイドン」については、魚人島の「しらほし姫」が正体だということが判明しています。
魚人島の人魚姫で、海王類を従えるまさに「海王類の王」ということになります。
「海の神ポセイドン」にふさわしいといえますね。
こちらの記事にて詳細を書いてますので、よろしければ寄り道を!
↓↓↓

ワンピース ポセイドンの正体しらほしの今後の展開を徹底考察!

「プルトン」は冥府の神です
冥府とは「死後の世界」「黄泉の国」という意味があるようですが、「冥」が「暗」という意味も持つため、「根の国」「地下の国」という意味も含んでいるそうです。
ワンピースの中ではすでに「戦艦」であることがわかっています。
これはまた別の機会に悩むことにします・・・

そして今回問題となっている「ウラヌス」は、天空の神
天空と聞くと、ナミの力はピッタリですよね。
でも、天空だからナミってだけの理由では、ちょっと薄くないです?
空島関係者も何かありそうですよね?
そういえばナミも空島に飛ばされて、天候の科学を学びましたっけ。

ワンピース:古代兵器ウラヌスがナミと考察されている理由


ここまでの情報では、ナミがウラヌスという考察に両手を上げて頷くことは出来ませんので、ナミがウラヌスであると考察されている理由をあげていきます。

「ポセイドンしらほし」とナミの初対面シーン

「ポセイドンしらほし」とナミは、魚人島で初対面をします。
その場で二人は意気投合するのですが、しらほしがこんなことを言っています。

「ナミちん様 初めてお会い致しますのに・・・! 何だかほっと致しますね。」

それに対してナミは「境遇が似ているからかもね」と答えています。

 

この境遇というのは、

しらほしは、母を殺した犯人を見ていましたが、国を守るために母の「人を恨まないで」という言葉を信じ、悲しみも苦しみも呑み込み軟禁状態にあったこと。

そしてナミは、育ての母であるベルメールが殺された時「生き抜けば必ず楽しいことが起こる。この時代を憎まないで。」という言葉を信じ、やはり悲しみも苦しみも呑み込み村人を守るために軟禁状態にあったこと。

確かに似ています。
古代兵器同士の2人には、初対面で何か通ずるものがあったのでは?

というのが、「ナミがウラヌス」と考察される理由のひとつです。

ナミは天候を操る

ナミは初期の頃から、天候棒(クリマ・タクト)を武器とし、その場の天候を操っていました。
最初はかわいらしい攻撃でしたが、徐々にクリマ・タクトはウソップの技術で進化をし、今では巨大な雷を自在に落とすことが出来ます。

空島のウェザリアで天候の科学を学び、その威力と知識は増大しています。
天候(天空)を操る能力=ウラヌス=ナミ
という図式が、この考察では出来ています。

またナミは風や天気を読む力があり、嵐が来るのを事前に察するなどの力があります。
それは泥棒時代に海に出ていたから経験で培ったというより、もっとナミ自身の体に根付いた天性のものであると考えられます。

麦わらの一味には初期の頃に「ビビ」が仲間になっています。
アラバスタ王国の王女のビビですが、やはり国のためにその身を投げうちルフィたちに出会います。
その航海の途中で、ナミは命に関わる病気になってしまうのです。

高熱により判断力もなくなり意識すら朦朧とする中でも、嵐を予測し麦わらの一味の危機を救いました。

ビビはその時に

「グランドラインのサイクロンは前兆のない風だと言われているのに・・・! この人は・・・元々理論だけで天候を予測しているんじゃないんだ・・・!」
「まるで体で天候を感じ取っているみたい・・・!」
と言っています。

 

そうなのです、ナミは最初から天気の読み方が変だったのです。
変と言ったら怒られてしまうかもしれませんが、本で学んだことや頭が良いだけでは説明のできない、ビビが言うように天性の体で感じ取っているみたいなのです。

確かに!悪魔の実を食べたわけでもないのに・・・確かに!

ナミの母はビッグマム?人魚か魚人?

個人的には「番外編」としたいのですが、ナミの母親は「ビッグマム」か「人魚or魚人」ではないかという考察もされています。

ビッグマムもホーミーズによって天候を操ります
また、そのホーミーズの1人(匹?)のゼウスが、ナミの雷を好物としナミの仲間(下僕?)となっています。
ゼウスにより、ナミの雷技は威力を増しています。

ビッグマムの娘である「ローラ」とは親友であり、敵同士で対峙した2人でしたがあっさりとお互いを認め合い仲良くなってしまいます。
血の分けた姉妹と考えるとそれもあるのかな・・・?

ビッグマムの娘の「プリン」は実に美しい少女でしたので、ナミが娘であっても「アリ」なのかもしれませんが、正直今の私には受け入れ難く・・・汗
こちらの考察は保留といいますか、「待ってください、もう少し考えさせてください」と言いたいのです。

ナミの母が人魚or魚人説というのは、ナミが麦わらの一味の仲間になる前、ルフィたちを裏切り消えてしまった時にあります。

ナミを探すためにルフィがナミの似顔絵を描いたのですが、それが「魚人」の姿でした。
全く似てませんが、ルフィの心の目にはナミの本質が見えていたのかもしれません。
更にサンジがナミに対して「あの美しさなら人魚かもしれないなー」と妄想しています。
(ただしサンジの妄想は美女全てに当てはまるのでアテにはなりません)

そして先述したように、人魚姫しらほしが「初対面の気がしない」と発言していることもあります。
ポセイドンが人魚姫ならば、ウラヌスも人魚であってもおかしくないというのが、この説となります。

>>鬼滅の刃のアニメも見放題!600円分のポイントで漫画も1冊読める^^

U-NEXT

↑登録後31日間は無料トライアルなのでお得♪

ワンピース:古代兵器ウラヌスはナミ?まとめ

いかがでしょうか?

「ウラヌス=ナミ」という考察について解説してきましたが、皆さんはどう考えるでしょうか?
私は「ポセイドン」が人魚であったのだから、「ウラヌス」も人魚という説には頷けないのですが、全体的に「なるほど!」と感心せずにはいられませんでした。

ルフィが麦わらの一味を仲間にしていく中で、実はルフィのナミを仲間にする執着心のようなものを感じていたのです。
強引さはルフィの特権で、ほとんどの仲間を強引に勧誘しているのですが、ナミに対しては「強引」というよりも「執着」のようなものを感じていました。
これはあくまでも「勘」であり、考察ではないのですが・・・

今後明かされていく「古代兵器ウラヌス」とは一体何なのか!?
目が離せませんね!

↓こちらの記事もご参照ください↓

ワンピース:古代兵器プルトンはビビ!?真相を考察!

アニメ鬼滅の刃はU-NEXTに登録すれば31日間無料で何度でも見放題!

現在U-NEXTでは、アニメ鬼滅の刃が全話見放題になっています!*

無料トライアルキャンペーン期間である31日間で解約をすれば追加料金は一切かかりません^^

この無料トライアルキャンペーンはいつまで続くかわかりませんので、今すぐ無料で試しに登録をし、楽しみましょう!

しかも登録をするだけでポイントが600円分もらえて、そのポイントで漫画も1冊無料で読めてしまいます!

今すぐ鬼滅の刃のアニメも鬼滅の刃の漫画1冊も無料でお得に楽しんでしまいましょう^^